高齢女性の妊活!候補に入れておきたい卵子提供プログラム!

卵子が若ければ妊娠する可能性はある

日本の晩婚化が進んでいるため、結婚できた喜びがある反面、何年も妊娠しない女性がいます。子供を授かりたいと考えることが難しくなる30代後半であったり、もともと妊娠しにくい体質だったりと、医療の力を借りなければどうにもならない状況に置かれている人がいます。そういう人でも諦めるのはまだ早いです。現代では卵子提供プログラムがあるのです。これは、若い女性のドナーの卵子を提供してもらい、旦那さんの精子とで受精卵を作り、奥さんの子宮に着床させる方法です。そのため、奥さんの卵子が年齢とともに老化してしまって受精しにくくなっても、妊娠する可能性があるのです。妊娠した暁には、生まれた子は夫婦の子供と認められるので、後は無事生まれてくれるのを願えばいいのです。

着床前診断があるから大丈夫

しかし、自然に妊娠しないで生まれてきた子供に異常がないのか不安もありますよね。そのため、多くの医療現場では、着床前診断を行っています。着床前の受精卵の段階で染色体異常がないかどうか検査を行うことができるため、流産するリスクを低下させ出生率を上げることが可能なのです。また、体外受精と違い自分の卵子が老化しているかどうかは関係ないので、年齢が上がっても悲観することはないのです。さらには排卵誘発などの苦痛を味わうこともないのも大きいでしょう。なかなか着床しないと女性に問題があるのではないかと判断されがちですが、決してそんなことはないです。染色体異常や男性の精子が原因かもしれないからです。赤ちゃんの命を宿そうとしている女性にはどんな時でも優しく接してあげましょう。