卵子提供プログラムとセットで行いたい!着床前診断とは

最先端で画期的な医療技術

着床前診断とは子宮に着床し妊娠が成立する前の受精卵の、遺伝子や染色体に異常がないか調べる診断です。着床前診断は習慣流産や不妊症などで悩む人が、新しい命を育むための画期的な医療技術です。着床前診断を受診することで、染色体異常があり着床できなかった受精卵や、流産する受精卵を調べて、胎児として発育可能な受精卵のみを子宮に戻すことが可能となります。体外受精後の流産は染色体異常によるものが多く、着床前診断を受診することで事前に異常を把握できます。着床前診断の診断方法は受精卵から細胞を採取し、卵子に一つの精子を直接入れる顕微授精を行い受精卵を培養します。複数の受精卵が必要となるため着床前診断は体外受精の場合のみ診断可能です。

卵子提供とはどんなプログラムか

受精卵が胚盤胞になったら外側の殻の透明帯に穴を開け、細胞を取り出し検査を行います。現在日本では着床前診断は規制されている状態で、日本で行う場合は重篤な遺伝性疾患や習慣流産などのケース以外は一般的には行われません。卵子提供プログラムとは子宮に問題はなくても何らかの原因で奥さまの卵子が使えない際に行うプログラムです。ご主人の精子と、卵子提供で得た第三者の卵子を体外受精し、受精卵を作りそれを奥さまの子宮に移植します。奥さまのお腹の中でお子様が育ちますから、妊娠・出産の経験を経て子供を授かることが可能です。着床前診断と卵子提供プログラムをそれぞれ単独で受ける場合や、着床前診断と卵子提供を組み合わせて行うケースなど、それぞれの状況や要望によって治療方法は異なります。